公認会計士を目指すべき時期はいつなのかをまず知ることがとても大切なこと

公認会計士になるためには、難しい国家試験に合格しなくてはなりません。そのための勉強をすることができでるのは、時間のたっぷりある学生の時が一番理想的だといえます。公認会計士を目指すべき時期について紹介していきたいと思います。

■公認会計士を目指すべき適齢期
公認会計士は、とても難しい国家試験のために、膨大な量の知識を付けなければなりませんから、社会人が、仕事をしながら学校に通って、勉強をするのではとても厳しいものがあります。全受験者の年齢を見てもわかるように、ほとんどが大学卒業後や大学院卒業後に国家試験を受けています。

ですから目指すべき適齢期は時間に余裕のある学生の頃が一番だといえます。進路については、とりあえず大学を出てから決めるという人も多いですが、公認会計士に関してはそれでは遅すぎます。大学受験の段階で、目指すという強い意志をもって、大学時代をすべて勉強に捧げるくらいのつもりでいないの到底合格することはできないでしょう。

もちろん、大学も、会計について詳しく学べるところを選べなくてはならないので、高校生の時、進路を決めるときにすでに目指すべき時期が来ているということなのです。

■目指しても誰でもなれるわけではない
公認会計士を目指すべき時期が意外と早い段階であることがわかりましたか?もちろん、大学に通いながら目指すことを決める人もいますが、勉強の量がとても多い分、最短で資格取得を目指すなら、早い段階で決める方がずっと良いです。興味がある人は大学受験の前に、考えてみてください。

また、目指しても誰でもなれる職業ではないことも知っておく必要がありますね。頑張ってみたけれど、ダメだった場合どうするかということを考えておくことも、狭き門に挑戦するときには大切なことなのです。